ここから本文です

1300人、躍動の舞で魅了 YOSAKOIソーラン日本海加賀会場

北國新聞社 7/11(月) 5:03配信

 第16回YOSAKOIソーラン日本海加賀会場(北國新聞社など主催)は最終日の10日、小松市の石川県こまつ芸術劇場うららを主会場に行われ、石川、福井、滋賀県の27チーム約1300人が躍動感あふれる華麗な舞を繰り広げた。小松市の「粟津おすえべ花吹雪」が地元加賀会場で初めての大賞に輝き、2年ぶり2度目の加賀支部大賞も獲得した。

 こまつの杜(もり)、こまつ曳(ひき)山(やま)交流館みよっさ前、JR小松駅前市民公園を加えた計4会場で各チームが迫力豊かに踊り、まちなかを熱気で包んだ。

 JR小松駅前市民公園で行われた1次審査には12チームが挑み、気迫みなぎるパレード演舞を披露した。全チームが通過し、県こまつ芸術劇場うららでのファイナル審査でステージ演舞を競った。うららの舞台には、選抜チーム「The日本海&北國新聞」がゲスト出演し、圧巻の舞で会場を盛り上げた。出演者全員の総踊りで締めくくった。

 同駅高架下の飲食店「小松うどん道場 つるっと」では、大会に合わせた限定メニューが販売され、出演者や観客がご当地グルメの小松うどんに舌鼓を打った。

北國新聞社

最終更新:7/11(月) 5:03

北國新聞社