ここから本文です

犯罪防止を訴えフラッシュモブ 近江町で社会を明るくする運動

北國新聞社 7/11(月) 5:03配信

 県BBS連盟と中部地方BBS連盟の「社会を明るくする運動」の街頭広報活動は10日、近江町いちば館広場で行われた。同運動では全国で初めて、雑踏の中で人々が突然踊り始める「フラッシュモブ」を繰り広げ、犯罪や非行防止を訴えた。

 非暴力の思いが込められた米国の歌手マイケル・ジャクソンさんの「ビート・イット」が広場に流れると、通行人を装っていたBBS連盟と総合型地域スポーツクラブを運営する「クラブCoCo」(高尾南3丁目)のメンバー約40人が軽快なステップを披露した。

北國新聞社

最終更新:7/11(月) 5:03

北國新聞社