ここから本文です

岡田さん「全身全霊で」 参院選、当選から一夜明けあいさつ回り

北國新聞社 7/11(月) 18:32配信

 参院選から一夜明けた11日、石川県選挙区で3選を果たした自民党の岡田直樹さんは、朝からあいさつ回りで金沢市内の企業などを訪問した。岡田さんは3期目の船出に表情を引き締め「県民に応援して良かったと思われるよう全身全霊で石川のための仕事に取り組む」と決意を新たにした。

 岡田さんは、昨夜は午後11時ごろに自宅に帰り、妻啓子さん、次男大樹さんと最終得票を確認した。2人から「良かったね。おめでとう」と声を掛けられたそうで、岡田さんは「家族の励ましはうれしかった」と笑顔を見せた。

 この日の睡眠時間は4時間だったが、選挙戦の疲れを見せることなく、早速、あいさつ回りに出発した。金沢市の澁谷工業では、連合後援会長の澁谷弘利社長に出迎えられ、社員を前に「多くの気持ちをいただき、重い責任が肩にのしかかっている。国政でしっかり頑張りたい」と述べた。馳浩文部科学相が同行した。

 金沢市役所では、山野之義市長が「当選は、2期12年間、地道にまじめに活動してきた結果だと思う」と祝福した。岡田さんは市議会会派「自民」の市議らにも謝意を伝え、会派の公明、市政刷新、金沢保守も回った。

 この後、県庁と県議会などを訪れ、支援を受けた議員らに頭を下げた。

北國新聞社

最終更新:7/11(月) 19:29

北國新聞社