ここから本文です

C・ロナウドの顔にも飛来…ユーロ2016決勝の舞台で“蛾”が大量発生

SOCCER KING 7月11日(月)8時46分配信

 欧州王者の座をかけた熱戦は、予想外の“客”までも呼び寄せたようだ。

 ユーロ2016は10日に決勝が行われ、ポルトガルが延長戦の末に開催国フランスを1-0で破り、初の欧州制覇を果たして幕を閉じた。

 熱戦が繰り広げられた決勝戦はパリ郊外のサン・ドニにあるスタッド・ドゥ・フランスで行われたが、スタジアムには蛾が大量発生する事態が起きていた。

 集まった大量の蛾は、ピッチ上やサイドの電光掲示板、コーナーフラッグ、観客席などスタジアムの至る所に飛来。選手や監督にも襲いかかかり、スタジアムに訪れた観客たちの服の中にまで侵入するほどだったという。さらには、試合中に負傷でピッチに倒れこんだポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの顔にも飛来していた。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、セキュリティー上の理由により、試合前日からスタジアムのライトを夜通し点灯していたことが、大量発生の原因だという。

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)13時58分

SOCCER KING