ここから本文です

CLに続いてユーロも準優勝…得点王グリエスマン、史上2人目の“悲劇”

SOCCER KING 7月11日(月)11時30分配信

 10日に行われたユーロ2016決勝で、フランス代表は延長戦の末にポルトガル代表に0-1と敗戦。自国開催大会で16年ぶりの優勝を果たすことはできなかった。

 フランス代表のFWアントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)は、6ゴール2アシストを記録して得点王、ゴールデンブーツ賞に輝いた。チームをけん引する大活躍を見せたが、チャンピオンズリーグに続いてUEFA主催大会で準優勝に終わった。

 スペイン紙『マルカ』によると、同年のチャンピオンズリーグとユーロで“連続準優勝”に終わったのは、元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏以来、史上2人目だという。バラック氏はチェルシーに所属していた2008年、5月21日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でマンチェスター・Uを相手にPK戦で敗れ、6月29日のユーロ2008決勝ではスペイン代表に0-1で屈した。

 グリエスマンは5月28日に行われたチャンピオンズリーグ決勝で、アトレティコ・マドリードの一員として優勝を目指したものの、PK戦の末にレアル・マドリードに敗戦。そして今回、ユーロ決勝でもポルトガル代表に敗れた。“連続優勝”を果たしたレアル・マドリードのポルトガル代表DFペペ、FWクリスティアーノ・ロナウドとは対照的に、2回続けて“悲劇”を味わうこととなってしまった。

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)11時30分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]