ここから本文です

マンU、ポグバ獲得確実か…年俸約17億円、レアルは争奪戦から撤退

SOCCER KING 7月11日(月)12時12分配信

 レアル・マドリードがユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバの争奪戦から撤退し、マンチェスター・Uが同選手の獲得に近づいている模様だ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日に報じている。

 レアル・マドリードは6月19日にポグバ獲得へ向けてユヴェントスとの交渉を開始したと報じられていた。マンチェスター・Uと同選手の争奪戦を繰り広げていた模様だが、今回の報道によると、獲得レースから撤退したという。

 当初はポグバ獲得が有力と報じられていたレアル・マドリードだが、8500万ポンド(約111億円)にも達するとされる巨額の移籍金がネックとなり、次第にマンチェスター・Uが争奪戦を制するとの見込みが伝えられるようになった。

 今回の報道によると、マンチェスター・Uは週給25万ポンド(約3300万円、年俸換算で約17億2000万円)の5年契約をポグバに提示する見通しで、移籍金はボーナスなどを含めて1億500万ポンド(約137億円)まで増額となる模様だ。

 なお、イタリアメディア『Sky』は10日、ポグバのマンチェスター・U移籍決定が確実なものとなったと報じている。

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)12時12分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。