ここから本文です

決勝で負傷のC・ロナウド、復帰は来季開幕後か…じん帯損傷の疑い

SOCCER KING 7月11日(月)18時0分配信

 10日に行われたユーロ2016決勝で、ポルトガル代表がフランス代表を延長戦の末に1-0で破り、悲願の初優勝を果たした。同試合の前半途中に交代を強いられたポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)について、10日付のスペイン紙『マルカ』が負傷状況を報じている

 C・ロナウドはフランス代表戦の立ち上がりに相手選手と交錯し、左ひざを負傷。テーピングを巻いてピッチに戻ったものの、プレー続行不可能となり、25分に交代を強いられた。

 報道によると、ポルトガル代表のメディカルチームが初期診断を行った結果、C・ロナウドの負傷は左ひざ内側側副じん帯損傷と判明した。同選手は1カ月程度の離脱を強いられる見通しとなった。今後、精密検査を行って負傷状況の詳細が明らかになる模様だ。

 レアル・マドリードは17日からカナダのモントリオールでキャンプを始める予定。新シーズン最初の公式戦は来月9日、UEFAスーパーカップとなる。チャンピオンズリーグ王者として、ヨーロッパリーグを制したセビージャと対戦。日本代表MF清武弘嗣のデビュー戦となるか注目の試合だが、C・ロナウドは欠場が濃厚となった。

 キャプテンとして臨んだ今大会、ユーロ2004以来となる決勝進出を果たしたC・ロナウド。12年越しの悲願達成に向けて先発出場した決勝では負傷交代を強いられ、涙を浮かべながらピッチを後にすることとなったが、チームメイトの奮闘によって歓喜の瞬間を迎えることとなった。

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)18時0分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]