ここから本文です

中国移籍のフッキ、初戦で早速ゴールも…負傷退場でホロ苦デビュー

SOCCER KING 7月11日(月)19時8分配信

 アジア史上最高額でロシア・プレミアリーグのゼニトから中国の上海上港へ移籍したブラジル代表FWフッキ。中国スーパーリーグ第16節の河南建業戦でデビューすると、わずか9分でゴールを奪ってみせた。

 記念すべき中国での初ゴールは、右からのクロスに潰されながらも押し込んだ形だった。だが、フッキはその得点から5分も経たないうちに負傷してしまった。左ひざを痛めたフッキは、一度はピッチへ戻ったものの、その後プレー続行不可能に。結局、プレー時間わずか20分で無念の負傷交代となってしまった。

 試合には5-0で勝利したものの、上海上港のスヴェン・ゴラン・エリクソン監督は「唯一ネガティブなのは、フッキがケガしたことだ。深刻でないことを願う」と嘆いていたという。

 チームに合流してから1週間も経っていなかったフッキ。現地では「先発起用は時期尚早だったのでは?」という疑問も出ているというが、エリクソンはその見方には否定的だったそうだ。

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)20時4分

SOCCER KING