ここから本文です

ドルトムント復帰3年目へ…香川真司、予定より早くチーム練習に合流

SOCCER KING 7月11日(月)18時52分配信

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が10日、チームのトレーニングに合流した。ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』や同『Ruhr Nachrichten』など複数メディアが報じている。

 同紙によると、香川は10日の午前中からトレーニングに合流した。予定では11日にチームへ合流し、12日からトレーニングに参加することになっていたようだが、少し早くグラウンドで始動することとなった。

 ドルトムントは4日に始動し、すでにトレーニングマッチを2試合消化している。10日のトレーニングでは、バイエルンから加入したドイツ人MFセバスティアン・ローデ、同DFエリック・ドゥルム、韓国代表DFパク・チュホは負傷の影響により、別メニュー調整だったと報じられている。

 また、オサスナからの移籍が決まっているU-19スペイン代表MFミケル・メリーノは12日のトレーニングからチームに合流する予定となっている。

 なお、ドルトムントは14日からオーストリアでキャンプを実施。21日からは中国ツアーがスタートし、22日に上海でマンチェスター・Uと、28日には深センでマンチェスター・Cと対戦する。

 香川は2014年夏にマンチェスター・Uからドルトムントへ移籍し、同クラブ復帰3年目を迎える。ドルトムントは今夏の移籍市場で主力選手が続々と移籍を決断。キャプテンを務めていたドイツ代表DFマッツ・フンメルスがバイエルンへ、ドイツ人MFイルカイ・ギュンドアンがマンチェスター・Cへ、そしてアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがマンチェスター・Uへ移籍することが決まった。

 攻守の中心選手が抜けたことで、香川にかかる期待はより大きなものとなる。ドルトムント復帰後3年目、自身通算でブンデスリーガ5年目となる香川の新シーズンが始まった。

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)19時18分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]