ここから本文です

[MOM1818]C大阪U-18DF舩木翔(3年)_チーム勝たせる活躍を誓う左SBが2得点、得点ランク首位浮上!

ゲキサカ 7月11日(月)7時1分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[7.10 高円宮杯プレミアリーグWEST第8節 京都U-18 0-2 C大阪U-18 京都サンガF.C.東城陽G]

 前半放ったセレッソ大阪U-18のシュートはわずか1本。相手に押し込まれる苦しい状況を救ったのは後半から入ったU-19日本代表のDF舩木翔(3年)の2得点だった。高い攻撃力を発揮し、首位を走るC大阪を牽引してきたが、太ももを肉離れしたため、ここ2試合を欠場。「本調子に戻りつつある」程度まで回復した今節も、MF({印藤虎太郎))にスタートの座を譲り、前半はベンチから試合を見守った。

 出番が訪れたのは後半開始から。ピッチ外から気付いた「相手が勢いを持ってくる中で、後ろの動きが重くなってしまった。クリアも小さくなってしまったせいで、2次攻撃を何度も受けてしまっていた」という課題を修正し、クリアを大きくしたことで京都の2次攻撃を遮断。前半、存在感を見せつけた対面のMF島村拓弥ら京都のアタッカー陣に対しても、「サイドハーフやボランチと連携してボールが奪えたと思う」と見せ場を与えない。攻撃でもゴールにこそ繋がらなかったが、一列前で積極的に仕掛けたMF中島元彦のサポートに入り、ゴール前にクロスを入れていく。

 守備の立て直しによって、攻撃にも転じる場面が増えたC大阪は後半10分に左サイドを破ったFW船津直輝の強烈なシュートがGKのファンブルを誘い、左CKを獲得する。中島がゴール前に入れたボールに反応したのは後方から走り込んだ舩木。「(第5節の)東福岡戦でCKから得点を奪ってから、ヘディングに自信がついた。CKの時に自分のタイミングでゴール前に入っていけば、良いボールが来るので、合わせるだけだった」と振り返る打点の高いヘディング弾を叩き込み試合を動かした。17分にも右CKを頭で合わせて突き放しに成功。この2点を守り切ったC大阪が勝利を手にした。

「守備が得意じゃないので、持ち味の攻撃面をアピールしていくしかない。自分が点を獲ったり、アシストしてチームを勝たせることがトップチームの昇格だったり、将来に繋がっていくので、今年はシーズン始まる前に、結果を残そうという目標を立てていた」。そう口にするように、舩木は自らの活躍によってチームを勝たせようと今季に挑んでいる。その意気込み通り、今季ここまでの得点数は6。SBながら、プレミアリーグWESTの得点ランキングトップに浮上するなど、首位を走るチームへの貢献度は屈指であることは間違いない。

 この日も勝利に導く2得点を奪ったものの、「CKから2得点奪えたけど、流れの中からは点が獲れていない。クロスの質をもっと上げたり、シュートで終わる回数を増やしていかないといけない」と内容には満足していない。視線の先にはあるのはJ3で経験を積む同期のライバルたち。「MF斧澤隼輝とDF森下怜哉は向こう(U-23)で、自分のポジションを掴みつつある。でも、二人に比べると自分はU-23での出場は少ししかないし、もっと自分が持っているモノをレベルアップしていかないと上では戦えない。U-18でもっと個を磨いて、アピールしないといけない」と更なる攻撃力アップと共にチームを勝利に導くことを強く誓った。

(取材・文 森田将義)

最終更新:7月11日(月)7時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]