ここから本文です

FWエデルの決勝点を“予言”していたC・ロナウド「決めるのは君だ」

ゲキサカ 7月11日(月)9時17分配信

[7.10 EURO決勝 ポルトガル1-0(延長)フランス サンドニ]

 EURO2016は10日、フランス・パリ郊外のサンドニで決勝を行い、ポルトガル代表が延長戦の末、ホスト国のフランス代表を1-0で下し、初優勝を飾った。ポルトガルはFWクリスティアーノ・ロナウドが前半25分に負傷交代するアクシデント。それでも90分間を0-0で耐え抜くと、延長後半4分に途中出場のFWエデルが決勝点を決めた。

 試合後、値千金のゴールを決めたFWエデルがポルトガル『オ・ジョーゴ』で語った内容をスペイン『マルカ』が伝えた。負傷交代したC・ロナウドはエデルのゴールを“予言”していたようだ。

 エデルは「(C・ロナウドが)決勝ゴールを決めるのは僕だって言ってくれたんだ」と明かし、「彼は強さ、エネルギー、そして生命力を僕に与えてくれた」と話した。

 決勝点が生まれたのは延長後半4分、PA手前でパスを受けたエデルがドリブルで持ち込み、PA手前から右足を振り抜くと、鮮やかなミドルシュートがゴール左隅に突き刺さった。エデルの今大会初ゴールが決勝点となった。

「EUROの最初の瞬間から、チームのために頑張り続けてきた。あのゴールはその結晶だと思う。これまでのことが報われたんだ。祝福されてしかるべきだよ」

 試合全体を振り返ったFWは「90分間ではフランスの方がよりチャンスを作りだしていた。だけど、C・ロナウドが退場していたにもかかわらず、決定機をものにできなかったね」と語った。

最終更新:7月11日(月)11時52分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。