ここから本文です

カントナ氏がイブラをけん制?「ユナイテッドのキングは一人、プリンスにはなれるかも」

ゲキサカ 7月11日(月)10時0分配信

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるエリック・カントナ氏が今夏に移籍加入してきたFWズラタン・イブラヒモビッチをけん制した。『ユーロスポーツ』のビデオ内で語った内容を『ESPN』が伝えた。

 今月1日にイブラヒモビッチはパリSGとの契約満了に伴い、次の移籍先はユナイテッドだと公表。その後にクラブから公式発表がされた。

 カントナ氏はスウェーデン代表FWの加入を「ズラタンには個人的なメッセージがある」と切り出し、「君はマンチェスター・Uに入ることを決断した。それは今まで君がした選択の中でベストのものだ」と歓迎した。

「”夢の劇場”(オールド・トラッフォード)に足を踏み入れた瞬間から、これまでのレジェンドたちの亡霊を感じるんだ。ゴールを決めると、スタジアム中からその選手の名前を歌う声が聴こえる。それを聞くとが心が打たれて、さらに強くなれるんだ。そしてその瞬間、ファンたちが君を愛しているぐらい、君もファンたちのことを愛していることに気づく。友よ、君も時期に分かるだろう。その時、マンチェスター・Uが君のホームになるんだ」

 しかし一方で、現役時代はマンチェスター・Uの“キング”として多くのファンたちから愛されてきたカントナ氏は、パリSGの“キング”だったイブラヒモビッチをけん制した。

「ただ一つだけ。マンチェスター・Uにはキングは一人しか存在しない。君が望めばプリンスにはなれるかもしれないし、背番号7も望めば手に入るかもしれないけどね。これは私からの”贈り物”だよ。キングはもういない。プリンスの世が長く続きますように」

最終更新:7月11日(月)10時52分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]