ここから本文です

涙の負傷交代のC・ロナウド、靭帯損傷で新シーズン開幕までの復帰は微妙か

ゲキサカ 7月11日(月)18時0分配信

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは16-17シーズンの開幕に間に合わないかもしれない。スペイン『マルカ』によると、10日のEURO2016決勝で負傷したC・ロナウドは左膝内側側副靭帯を損傷したようだ。

 C・ロナウドはフランス代表とのEURO決勝戦に先発出場したが、前半8分にMFディミトリ・パイェからの激しいチャージを受けて、左膝を負傷。2度も治療を行ってピッチに戻っていたが、プレー続行は不可能となり、同25分に担架でピッチを後にしていた。

 C・ロナウドはベンチに退いた後、まるで監督のようにテクニカルエリアにまで出て、ピッチ上の選手にゲキを飛ばした。タッチラインぎりぎりでフェルナンド・サントス監督の横に並び、タイムアップを迎えると、目に涙を浮かべ、スタッフと歓喜の抱擁をかわしていた。

 同紙によると、検査の結果、左膝内側側副靭帯を損傷していると診断されたとのこと。今後、さらに詳しい検査を行うとしているが、15-16シーズンのチャンピオンズリーグ王者とヨーロッパリーグ(EL)王者が8月9日に対戦するUEFAスーパー杯の出場は微妙だという。

最終更新:7月11日(月)18時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。