ここから本文です

徹底的に磨き込まれた「日産 GT-R」2017年モデル、7月27日に発売!~価格は996万円から~

オートックワン 7/11(月) 20:04配信

日産自動車株式会社は11日、4月1日に日本で先行披露した「NISSAN GT-R」2017年モデルを、7月27日より全国一斉に発売すると発表した。

このニュースのフォトギャラリー

「NISSAN GT-R」は「GT:グランツーリスモ」の精神に則ったより上質な乗り心地、どこまでも気持ち良く走り続けられる性能と「R:レーステクノロジー」に基づく圧倒的な速さという、2つの要素の高次元での両立を目指している。

これは「NISSAN GT-R」が標榜してきたマルチパフォーマンスを追求することと同義であり、ワインディングロードでも、高速道路での巡航でも、市街地でのドライブでも、ドライバーは「NISSAN GT-R」がもたらす最高の性能を楽しむことが可能となっている。

「深化」を続ける「NISSAN GT-R」は今回、2007年の発売以来最大規模となるエクステリアやインテリアのデザイン変更に加え、新技術の採用により更なるドライビングパフォーマンスの向上を実現した。

「NISSAN GT-R」17年モデルの概要は以下の通り。

空力性能の追求とともにGT-Rらしさをさらに深めたアグレッシブなエクステリア

エクステリアでは、フロントからリヤに至るまで大幅なデザインの変更を行った。フロントでは日産ブランドのデザインシグネチャーであるVモーションを採用し、更に性能向上も実現している。

マットクローム仕上げを施し、最新のメッシュパターンを採用した新デザインのグリルは、開口部の拡大により冷却性能を向上させながらも、バンパーサイドの形状を最適化することで、従来の空気抵抗・ダウンフォースの維持を可能にした。

また、グリルから流れる明快なキャラクターラインが特徴のエンジンフードは、剛性の向上により超高速域での変形を抑制している。さらに、新形状のフロントスポイラーもレースカー直系の血統を感じさせるデザインであると同時に、高レベルのダウンフォースを維持している。

サイドのデザインはGT-Rらしい流線型のフォルムはそのままに、さらに空気の流れを改善させるため、サイドシル前部を張り出させている。

1/4ページ

最終更新:7/11(月) 20:04

オートックワン