ここから本文です

グルメクルージングで淡路島の旬をたっぷりと!〈舟弁クルーズ〉登場/兵庫

Webマガジン コロカル 7月11日(月)14時51分配信

コロカルニュースvol.1767

淡路島の南端、南あわじ市の福良港。普段は“鳴門のうずしお”を目の前で体験できる、淡路島の人気観光メニュー〈うずしおクルーズ〉が人気ですが、この港からグルメ・クルージングプラン〈舟弁クルーズ〉が登場! 大型の遊覧船に乗って、淡路島の食材を使ったお弁当を食べる限定プランです。

【写真ギャラリーで見る】グルメクルージングで淡路島の旬をたっぷりと!〈舟弁クルーズ〉登場/兵庫

〈舟弁クルーズ〉で味わえるのは、淡路島の旬の海の幸を使って、地元の名店〈清中〉がこしらえた〈淡路島海鮮チラシ弁当〉。淡路福良産のサクラマス、ちりめん、太刀魚、鰆、トツカアジ、ハモ、鳴門わかめなど、地元の海鮮たちがふんだんに使われる予定。(※水揚げなどによりメニューが変わる場合があります)

クルーズのお値段は、中学生以上が2000円、小学生が1000円。いずれも乗船料、舟弁代込みのお値段です。

〈舟弁クルーズ〉が作られたきっかけは、夏休み等の繁忙期になると、昼食場所が足りないという課題があったこと。そこで、大型の遊覧船と地元の新鮮な魚介類、そして食材を活かす優れた料理人という資産をいかんなく活かしたこのプランが考えられたのです。

〈舟弁クルーズ〉は、潮止まりのお昼時限定で、7月18日(月・祝)からスタート。

潮止まりの時間帯の出港になるので、うずしおを見ることはできませんが、淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋を眺めながら船上でおいしいお弁当を食べるのは、きっと素敵な思い出になるはず! 開催日の確認、予約は〈淡路島うずしおクルーズ〉Webサイトより。

information

うずしおクルーズ
住所:兵庫県南あわじ市福良甲1530-14
Web:〈淡路島うずしおクルーズ〉


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:7月11日(月)14時51分

Webマガジン コロカル