ここから本文です

[新製品]「Xシリーズ」最高画質を実現! 4K動画対応の「FUJIFILM X-T2」

BCN 7月12日(火)11時6分配信

[新製品]「Xシリーズ」最高画質を実現! 4K動画対応の「FUJIFILM X-T2」

「Xシリーズ」最高画質を実現した「FUJIFILM X-T2」

 富士フイルムは、ミラーレス一眼カメラ「Xシリーズ」の新製品として、シリーズ最高画質を実現した「FUJIFILM X-T2」を9月に発売する。税別の実勢価格は、ボディ単体が17万円前後、レンズキット「FUJIFILM X-T2/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」が21万円前後の見込み。

【写真入りの記事】

 独自開発した有効2430万画素、ローパスフィルターレス仕様のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS IIIセンサー」と、高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」、高精細フジノンレンズを搭載し、「Xシリーズ」最高画質を実現。被写体の質感、立体感、その場の空気感までも記録できるという。

 起動時間0.3秒、シャッタータイムラグ0.045秒などの高速レスポンス性能、最短0.06秒の高精度AF性能などを実現。すばやく動く被写体の撮影時でもシャッターチャンスを逃がさない。小型・軽量のボディは、防塵・防滴・耐低温-10℃のタフネス性能を備え、ミラーレスでは難しいとされていた野生動物やスポーツの撮影など、屋外の厳しい環境下でも快適に撮影できる。

 動画撮影機能では、「Xシリーズ」初となる4K動画撮影に対応。4Kの画質とフィルムシミュレーションを組み合わせることで、多彩な色調の高品質な映像の撮影が可能となった。

 背面液晶には、「Xシリーズ」初となる3方向チルト方式を採用。横位置撮影時の上下チルトに加えて、縦位置撮影時も上方向チルトが可能だ。レンズの光軸上に液晶が位置するため、ハイアングルやローアングルでも快適に撮影できる。

最終更新:7月12日(火)11時6分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]