ここから本文です

<動画>前田敦子、黒沢監督の演出は「今までで一番怖かった」

まんたんウェブ 7月12日(火)12時5分配信

MANTAN

 歌手で女優の前田敦子さんが7月7日、東京都内で行われた映画「クリーピー 偽りの隣人」(黒沢清監督)のトークショーに登場。前田さんは「クリーピー」には出演していないが、黒沢監督の「Seventh Code(セブンスコード)」(2014年)で主演を務めた縁でトークショーに出席。「今まで演出していただいて一番怖かったのが黒沢監督だった。優しいのにすごく厳しいという印象があって」と告白。「監督が本当に見た目のままで、すてきな方なので、ちゃんと応えたいっていう感じになるんですよね、きっと。(撮影中に)あーどうしよう、となったのは覚えています。すごく見ていただけているのが分かるので、愛情を感じれば感じるほど『応えなきゃ』って(思う)」と監督との思い出を振り返った。

【動画】前田敦子、個性派ワンピ&ヒール姿披露

 「クリーピー」は、第15回日本ミステリー文学大賞で新人賞を受賞した前川裕さんの小説が原作。元刑事で犯罪心理学者の高倉(西島さん)が、元同僚から依頼された一家失踪事件の分析に挑みつつ、自身も“奇妙な隣人”によって別の謎に巻き込まれていく……というストーリー。西島秀俊さんが主演で、竹内結子さん、香川照之さん、東出昌大さん、川口春奈さんらが出演しており、6月18日から公開されている。

最終更新:7月12日(火)12時5分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。