ここから本文です

1st王者鹿島×J2降格圏名古屋にチャレチケ登場

チケットぴあ 7月12日(火)17時35分配信

『明治安田生命J1リーグ』2ndステージ第3節で激突する両軍は、対照的なチーム状況にある。1stステージを制した鹿島アントラーズと年間順位でJ2降格圏の16位に甘んじる名古屋グランパス。年間1位の座を川崎フロンターレに譲った鹿島は再逆転を目論み、10試合勝利から遠ざかっている名古屋はJ2降格圏からの脱出を狙う。

画像2点

2nd開幕戦でガンバ大阪に1-3と完敗を喫し、6連勝がストップした鹿島だが、第2節でサンフレッチェ広島を4-2で下した。G大阪戦は5得点をマークしていたカイオが電撃移籍となった上、チーム最多得点の金崎夢生もコンディション不良で欠くなど、敗因はハッキリしている。前週に1stステージを制し、モチベーションの持っていき方も難しかっただろう。それでも翌週には難敵・広島に完勝を収めたのはさすが。川崎Fの大黒柱・中村憲剛が負傷した今、勝点を積み重ね年間1位を奪還したいところ。

エース・金崎が出場7試合で5ゴールを挙げれば、2トップを組む土居聖真も直近6試合で5得点を叩き出している。広島戦ではカイオに代わって2列目に入った中村充孝が1ゴール1アシストをマークし、G大阪戦では金崎の代役を務めたFW・赤崎秀平がゴールを決めている。スーパーサブの鈴木優磨を含め、アタッカー陣は10試合連続得点中と好調である。不安があるとすれば、守備か。1stは最少の10失点だったが、2ndは2試合ですでに5失点を喫している。前線からの激しいプレスと昌子源&植田直通のCBコンビが跳ね返す堅守を再構築したい。

名古屋は深刻な状況に陥っている。ここ10試合は4分6敗、白星は5月4日の横浜F・マリノス戦まで遡らなければならない。2ndステージは未だノーゴールである。前節は戦線離脱中のMF田口泰士に加え、川又堅碁&永井謙佑の両FWを欠いたエクスキューズはあるが、川崎Fに0-3とショックな完敗を喫した。次節はMFイ・スンヒを出場停止で欠く名古屋としては、金崎と同じ9ゴールで得点ランク4位タイにつけるシモビッチの得点力、キープ力から活路を見出したい。前節、名古屋デビューを果たしたハ・デソン&扇原貴宏も連係を深めれば、新たなオプションとなるだろう。とにかく結果を残し、悪い流れを断ちたい。

『明治安田J1』2ndステージ第3節・鹿島アントラーズ×名古屋グランパスは7月13日(水)・茨城県立カシマサッカースタジアムにてキックオフ。鹿島×名古屋では試合当日にくじ引きで観戦する席を決める「チャレンジチケット(チャレチケ)」を200枚限定で発売中。前売料金2500円で8000円のエグゼクティブシートや5200円のカテゴリー1で試合を観られるかも? もし、カテゴリー4が当たったとしても前売価格は3000円だ。まさにチャレチケにハズレなし!

最終更新:7月12日(火)17時35分

チケットぴあ