ここから本文です

「日本プロ日清カップ」谷原秀人の優勝セッティング

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月12日(火)7時32分配信

日時:7月7日(木)~7月10日(日)
開催コース:北海道クラシックゴルフクラブ
優勝者:谷原秀人

熱戦の模様を画像で振り返る!「日本プロ日清カップ」フォトギャラリー

まさかの大逆転劇だった。3打差の単独首位から出た武藤俊憲が、スタートホールから5連続バーディを奪うなど終始優位に試合を進めたが、雷雲接近で2度の中断を挟んだ終盤に突如崩れて、最終18番でこの日「63」で回った谷原秀人に追い付かれた。プレーオフ1ホール目は谷原がパー、武藤はボギーで勝負あり。谷原が2週連続優勝で、自身初のメジャータイトルを手中に収めた。

<最終日のコメント>
「本当にめちゃくちゃ嬉しい。きのうのバックナイン、そしてきょうは朝からバーディ合戦で、見ているギャラリーも『スゲー、スゲー』言って盛り上がって、最終的に僕が勝てたのが良かったです(笑)。5連続バーディを獲られたけど、そう簡単に勝たせたくないと思ったし、燃えてくるものがあった。(武藤俊憲とは)年が近いし、同じ世代に負けたくないっていう気持ちはあった。メジャータイトルがなかったのは寂しかったし、僕が勝ったら試合がなくなるっていうのもあって…。メジャーはなくならないと思うし、一生残るので、それが本当に嬉しいです(笑)」

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:本間ゴルフ TW727 455 ドライバー プロトタイプ(マットブラック)
シャフト:本間ゴルフ YZ75(硬さX 長さ45インチ)
フェアウェイウッド:本間ゴルフ TW727 フェアウェイウッド (3番15度、)
ユーティリティ:本間ゴルフ TW717 ユーティリティ、本間ゴルフ プロトタイプ
アイアン:本間ゴルフ TW727V アイアン(4番~10番)
ウェッジ:本間ゴルフ TOUR WORLD TW-Wウェッジ(2014年)(52度、59度)
パター:スコッティキャメロン Golo プロトタイプ
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR プロトタイプ

最終更新:7月12日(火)7時32分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。