ここから本文です

志村けん×スカパラ「氷結」新CMでコラボ演奏「惚れちゃや~よ」

音楽ナタリー 7月12日(火)0時0分配信

東京スカパラダイスオーケストラが「キリン氷結」プロモーション企画の第2弾としてコラボレーションする謎の三味線奏者、KEN from EVMの正体が志村けんであることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本日7月12日にはスカパラとKEN from EVMこと志村けんのWebムービーが公開された。CMの収録スタジオにひょっこり現れたのは、志村演じる人気キャラクターの“バカ殿”。コミカルな動きでさまざまな楽器に触れる彼だが、「本番!」の声がかかると状況が一変し、スカパラメンバーと紋付袴姿の志村、さらに監修を務めた三味線奏者の上妻宏光による「氷結」CMソング「Paradise Has No Border」の演奏が始まる。

志村は今回のコラボレーションについて「これまで密かな趣味として、腕を磨いてきた大好きな三味線を披露する機会を探していました」「是非、お楽しみください。惚れちゃや~よ。だっふんだ」とコメントしている。YouTubeではWebムービーのほか、メイキング映像も公開中。

志村けん コメント
ついに、僕の出番が来ましたね。 これまで密かな趣味として、腕を磨いてきた大好きな三味線を披露する機会を探していました。今回、キリンさんにお声がけいただき、スカパラさんのナウいバンドと僕の渋い三味線による新しくてかっこよくてアイ~ンなコラボレーションが生まれました。それぞれ音楽のジャンルが違うから、今回のようなコラボレーションはなかなか見れないし、だからこそ絶対面白い。話が来たときはすごく嬉しかったです。是非、お楽しみください。惚れちゃや~よ。だっふんだ。

最終更新:7月12日(火)0時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。