ここから本文です

心霊ロケで「手抜きお祓い」 髭男爵を襲った呪い “一発屋”の笑えない代償とは…

withnews 7月13日(水)7時0分配信

 心霊スポットのロケ、長引いた収録のあおりで「手抜きお祓い」の仕打ちを受けた髭男爵の山田ルイ53世さん。案の定、翌日は謎の高熱に。CM撮影では現場の監督にドヤ顔でネタをパクられ…。それでも「地縛霊」としてギリギリの戦いを続ける“一発屋”の日々です。

【フォトギャラリー】一発屋芸人「オールスター」 今も地道に活躍中 HG・テツトモ・ダンディ…

近隣でも有名な“心霊スポット”

数年前。
ロケで訪れた、関東近郊の廃墟。
かつては、学校だったか、病院だったか・・・記憶は定かではない。
とにかく、何かの施設、その跡地。
人の背丈程も、生い茂った雑草。
敷地内は荒れ放題である。
建物、それ自体も、随所で劣化が進んでいる。
コンクリートの壁面、その崩壊箇所からは、幾本も突き出した鉄筋。
赤く錆びつき、ねじ曲がった、そのシルエット。
異常な成長の果てに、宿主を喰い破り、のたうつ寄生虫、その触手。
あるいは、人間の血管や骨か。
凄惨な事故の犠牲者、その損壊した肉体。
心が痛む。
地面に打ち捨てられた、「関係者以外立ち入り禁止」のプレート。
今や、その“関係者”とは、命ある人間、つまり我々ではない。
そう。
ここは、近隣でも有名な、“心霊スポット”。
その探索が、今回のロケの趣旨。

アイドルは体調不良、女芸人は頭痛に

他の出演者と共に、廃墟の中を歩く。
デジカメで撮影すれば、写り込む正体不明の光。
怪しげな呻き声。
頻発する、機材トラブル。
グラビアアイドルが、体調不良を訴え、地面にうずくまる。
負けじとばかりに、頭痛をアピールし出す、霊感があることが売りの、女芸人。
お芝居とも思えぬ。
もし、嘘であれば、照れ臭さ、恥ずかしさの余り、笑ってしまう。
僕、いや、“芸人”であれば。

とにかく、盛り沢山。
妙な物言いだが、撮影は順調そのもの。
“心霊ロケ”の定番も、一通り出揃い、“撮れ高”も十分。
終了と相成る。

「えいっ!」「シュッ!!」

後は、ロケバスに乗り込み、家路につくだけ。
だが、その前に。
“霊能者”による“お祓い”。
これは、必須である。
この手のロケには、彼らの同行が“憑き物”・・・もとい、付き物。
その存在無くして、企画の成立はない。
ご多分に漏れず、今回も、“霊媒師”の肩書きを持つ男性が一人。

“心霊スポット”を、傍若無人に闊歩した、その代償。
被ったかもしれぬ、何らかの穢れ、悪影響の類。
それを、綺麗に祓って頂く。
ゴルフを楽しんだ後、シャワーを浴び、さっぱりした後帰宅。
何も変わらない。

それは、番組MCの“売れっ子”芸人から始まり、女性タレント達へと続く。
僕の順番は最後。
「えいっ!」
「シュッ!!」
発せられる気合い。
同時に、出演者の背中に、指先で綴られる文言。
首筋から腰の辺りまで。
お経か何かか。
仕上げに、清めた塩を肩口に。
晴れて、ロケバスに乗り込めるという段取り。

1/3ページ

最終更新:7月13日(水)7時0分

withnews