ここから本文です

スター・ウォーズのスピンオフにダース・ベイダー登場!真っ黒な新キャラも公開

映画ナタリー 7月12日(火)6時0分配信

12月16日に封切られる「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に、悪役ダース・ベイダーが登場することが明らかに。あわせて新たな場面写真が到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

解禁された写真には、黒いボディのデス・トルーパーが海岸を駆けるさまや、ストームトルーパーが海の中を歩く姿が切り取られている。デス・トルーパーは、ダース・ベイダーの部下でありながら彼を出し抜こうと企む悪人オーソン・クレニックが率いる兵士。ダース・ベイダーやストームトルーパーとの関係性は現時点では発表されていない。

本作でメガホンを取ったギャレス・エドワーズは、撮影中にダース・ベイダーと初めて対面したときのことを「情報セキュリティの関係上、本当はいけないことなんだけど自分を抑えられなくて……。ケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と振り返る。エドワーズは幼い頃から「スター・ウォーズ」ファンであり、近所の玩具店に特別ゲストとしてダース・ベイダーが登場した際には興奮し、街中に自慢して回っていたという。また「本物に会ったの?」と聞かれると「いや、俳優さんだよ。だって本物のダース・ベイダーは宇宙にいるから!」と答えたというほほえましいエピソードも。

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」と「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」をつなぐ本作は、エピソード4にてレイアがR2-D2に託したことで知られる帝国軍の要塞“デス・スター”の設計図を、反乱軍兵士たちが手に入れるまでの物語を描いたもの。フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ドニー・イェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、チアン・ウェンが出演に名を連ねる。

なおジョーンズが演じた一匹狼の主人公ジン・アーソについて、ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディは「ジンは波瀾万丈の過去を抱えているの。反乱軍に身柄を拘束された彼女は、そのスキルを彼らの戦いに役立てることで罪を帳消しにするチャンスを与えられる。この物語におけるジャンヌ・ダルク的存在ね」とコメントを寄せた。



(c)Lucasfilm 2016

最終更新:7月12日(火)6時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。