ここから本文です

フォースメディア、Thunderbolt 2搭載モデルを含むビジネス向けNASの新機種

BCN 7月12日(火)15時55分配信

 フォースメディア(池田譲治代表取締役)は7月12日、QNAP社Turbo NASシリーズの新機種として、高性能Thunderbolt 2搭載モデルを含む「TVS-x82Tシリーズ」と「TVS-x82シリーズ」を7月中旬に発売すると発表した。

 「TVS-x82Tシリーズ」は、3つのモデル(TVS-1282T、TVS-882T、TVS-682T)を展開し、第6世代のIntel 14nm マルチコアプロセッサ、最大32G搭載可能なDDR4 2133MHzメモリスロット4つを備えている。また、Thunderbolt 2ポート、10GBASE-Tネットワークポート、HDMI 2.0ポートを内蔵しており、柔軟な接続と高速パフォーマンスを実現、高解像度の動画編集などで理想的なストレージソリューションを提供する。

 3.5インチHDDスロットと2.5インチSSDスロットのコンビネーションに加え、M.2 SSD(SATA)、PCIe NVMe SSDをストレージ領域またはSSDキャッシュ領域として利用できる。独自のQtier技術により、ストレージの自動階層化を実現。頻繁に使用される「ホット」データを高性能ストレージ階層に自動的に移動し、アクセス頻度の少ない「コールド」データを安価で容量の大きいドライブに移動することで、フラッシュへの投資を抑えながらパフォーマンスを向上できる。

 また、最大6台のQNAP Thunderbolt 2拡張エンクロージャ(TX-800P、TX-500P)を接続することが可能で、さらに新しいVJBOD(仮想JBOD)機能では、ほかのQNAP NASのストレージ容量を使ってストレージを拡張できる。

 TVS-x82シリーズは、最高のパフォーマンスと効率の良いストレージを必要とするビジネスユーザー向けの製品で、3つのモデル(TVS-1282、TVS-882、TVS-682)を用意する。TVS-82Tシリーズと同等のスペック(Thunderbolt 2未対応、10GbEはオプション)で、階層型ストレージ、アプリケーションに基づくパーティション分割、ネットワークトラフィック分配を優れたパフォーマンスで実現する。

 QNAP拡張エンクロージャ(REXP-1000 Pro、UX-800P、UX-500P)とVJBOD機能によって、TVS-x82シリーズのストレージ容量を段階的に拡張できる。

 なお、フォースメディアでは、HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」を機種ごとに用意している。また、導入後の安定した運用をサポートし、安心して利用できるフォースメディア独自のサポートも、オンサイト保守(1-5年)、先出しセンドバック保守(1-5年)から選択可能で、24時間365日サービスにも対応する。

最終更新:7月12日(火)15時55分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]