ここから本文です

MMO『ツリーオブセイヴァー』OBTは8月24日から! 7次職など新たな追加要素も公開

インサイド 7月12日(火)17時3分配信

ネクソンは、IMC Gamesが制作する王道新作MMORPG『Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)』(以下、『ToS』)のオープンβテストに関する詳細を発表しました。。

【関連画像】

「女神」と「木」にまつわる世界を描く『ToS』は、『ラグナロクオンライン』を生み出したキム・ハッキュ(Kim Hakkyu)氏率いるIMC GAMESが開発にあたっており、多くのPCユーザーから高い期待を集めています。また、絵画を思わせるような暖かみのあるグラフィックも魅力となっており、「どこか懐かしくも新しい感覚を体験できる2D型MMORPG」というコンセプトに惹かれる方も少なくありません。

以前から実施の予定は明かされていましたが、『ToS』のオープンβテストが2016年8月24日よりスタートするとこのたび判明しました。また正式サービスは、オープンβテスト開始から1ヶ月後以降を予定しているとのことです。

クローズドβテストから変わった点は、「新しく追加される要素」「変更・修正される要素」「OBT以降に実装予定の要素」と、3つのカテゴリーに分けて発表。来月から始まるオープンβテストに備え、しっかりチェックしておきましょう。

【新しく追加される要素】

●7次職
テンプラー/ドラグーン/マスケティア/キャノニア/ウォーロック/フェザーフット/プレイグドクター/カバリスト


●「トークン」による機能拡張要素
「トークン」は月額課金システムで、期間中は様々な特典を得ることができるというもの。OBT中は無料で機能を体験できるよう調整予定です。

●高レベルコンテンツ
最大レベル「200 → 280」に拡張
●チーム倉庫
●コレクションボックス多数追加
●クエスト多数追加
●装備アイテム多数追加
●「バイボラの翼」拡張(戦闘経験談、地域情報)
●ギルド対戦コンテンツ(サーバー間対戦可能、OBT時のサーバー数は3を予定)

【変更・修正される要素】
●各種バランス調整
●コレクションをキャラクター単位からチーム単位に変更
●チャット機能改善
●モンスターの出現間隔を短く調整
●冒険日誌の機能改善
●一部機能の調整
・マーケット
・取引
・インスタンスダンジョン入場回数

【OBT以降に実装予定の要素】
●8次職
●新規フィールド・ダンジョン・ミッション
●カード装備システム
●アイテム超越システム
●ディフェンス系ミッション追加
●マップ表示機能の改善

Copyright (C) 2015 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2015 IMCGAMES CO., LTD. All Rights Reserved.

最終更新:7月12日(火)17時3分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。