ここから本文です

SG会田氏が今後の政治・経済のシナリオを大胆予想2016-2021

ZUU online 7/12(火) 11:40配信

2021年度までにデフレ完全脱却、財政再建、そして日本経済の再生が実現する可能性を、政治・経済のシナリオを通して考えてみた。

2016年
7月29日 日銀の追加金融緩和?
7月31日 東京都知事選
8月1日 臨時国会召集(参議院議長などを選出)
8月上旬 内閣改造・自民党役員人事
8月中旬 未来への投資と構造改革を含んだ大規模な経済対策の取りまとめ
8月末 2017年度予算概算要求の締め切り(新たな経済対策の積み上げ?)
9月中旬 臨時国会召集(大規模な経済対策を含む2016年度第2次補正予算案の成立とTPP承認及び関連法案の成立、憲法審査会で憲法改正議論の開始?)
12月 ロシアのプーチン大統領が来日(北方領土問題進展?)

2017年
1月 2016年度第3次補正予算(第2次で間に合わなかった経済対策を追加?)
3月 2017年度政府予算(財政再建よりもアベノミクスのリフレ色が強いものに)
夏 東京都議会選(連立与党の公明党が国政選挙なみに重視)
衆院選挙区で新区割りが適用?
秋 臨時国会召集(アベノミクスの成長戦略による構造改革策を大胆に推し進める?)
年末まで TPP発効?(米国の承認手続き完了次第?)

2018年
1月 2017年度補正予算(TPPの臨時対策の追加、デフレ完全脱却へ政策のもう一押し?)
3月 2018年度政府予算(オリンピック関連予算とTPPの恒常的対策の計上?)
4月 黒田総裁任期満了(政府とともにデフレ完全脱却宣言?)
夏まで 通常国会中の衆議院解散・総選挙?(連立与党が3分の2の議席を維持?)
選挙後 予定通りの消費税率引き上げを決定?
9月 自民党党大会で総裁任期に関する党則改定?(2期6年から3期9年まで?)
自民党総裁任期満了と安倍首相再任?(2021年9月まで)
12月 (現在の衆議院議員の任期満了)

2019年
1月 2018年度補正予算(統一地方選前の地方景気対策?)
3月 2019年度政府予算(消費税率引き上げと軽減税率を含む景気下押し緩和策?)
春 統一地方選(地方でも景気回復が実感され、連立与党に追い風?)
夏 参議院選挙(改憲勢力が3分の2の議席を維持?)
9月 日本ラグビーワールドカップ
10月 消費税率引き上げ(8%から10%)

2020年
1月 2019年度補正予算(消費税率引き上げ後の消費喚起策?、2020年度のプライマリーバランス黒字化目標との整合性を保つ)
3月 2020年度政府予算(プライマリーバランス黒字化達成?)
5月 消費税率引き上げによる2019年10-12月期のマイナス成長後、2020年1-3月期がプラス成長に戻ったことを確認?
7月 日銀の量的質的金融緩和のテーパリング開始(2%の物価目標到達前であるが資産買い入れが限界、マイナス金利政策は維持?)
7月末 東京都知事選
8月 東京オリンピック
9月 臨時国会召集(憲法審査会での改憲項目の結論?)

2021年
1月 2020年度補正予算(オリンピック後の反動に対する景気下支え策?)
3月 2021年度政府予算(名目600兆円達成を前提とした税収を織り込む?)
夏まで 通常国会において憲法改正の国会発議と国民投票実施?
9月 安倍首相任期満了(日本経済の再生を宣言?)
10月 2%の物価目標達成を確認し日銀の利上げ?

会田卓司(あいだ・たくじ)
ソシエテ・ジェネラル証券株式会社 調査部 チーフエコノミスト

最終更新:7/12(火) 11:40

ZUU online