ここから本文です

東京五輪期間中のプロ野球中止決定 オーナー会議で確認「国家的なイベント」

デイリースポーツ 7月12日(火)6時59分配信

 プロ野球のオーナー会議が11日、都内で行われ、2020年の東京五輪での大会期間中に公式戦を中断する方針を決定。20年の公式戦については4日に行われた実行委員会で中断の方針が固められ、最高意思決定機関であるオーナー会議で方向性を確認した形だ。

 東京五輪は7月24日から8月9日まで開催。会場の候補に横浜スタジアムなどが挙がっているが、議長を務めた阪神・坂井オーナーは「国家的なイベントなので全面的に協力する方向。野球界には(営業面で)大切な時期だが、その趣旨で検討する」と説明した。

 会議では中断期間中の選手のコンディション維持も課題として挙がり、同期間中も行われる可能性がある2軍戦を用いるか、また中断中にプロ野球として可能なイベントについても議論がなされた。

 公式戦日程の大枠は前年6月までに決めるが、20年シーズンはアマ側とも協議しながら詳細な中断期間の検討を続け、18年までに決める方針。野球は8月3日のIOC総会で東京五輪の追加種目となることが有力視される。

最終更新:7月12日(火)7時33分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報