ここから本文です

『スター・ウォーズ』アナザー・ストーリーに、黒い“デス・トルーパー”が登場!

Movie Walker 7月12日(火)6時2分配信

「スター・ウォーズ」の“アナザー・ストーリー”として全世界で注目を集める『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)。本作から、新たに登場する黒い“デス・トルーパー”と、“ストームトルーパー”の新写真が到着した。

【写真を見る】主演を務めるのは、「ダ・ヴィンチ・ コード」シリーズ最新作『インフェルノ』でもヒロインを演じる注目女優フェリシティ・ジョーンズ

『ローグ・ワン~』で語られるのは、史上最も有名な悪役ダース・ベイダーの誕生を描いた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と、伝説の原点『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』とをつなぐストーリー。フェリシティ・ジョーンズ演じるヒロイン、ジン・アーソを主人公に、エピソード4でレイア姫がR2-D2に託した帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図が、いかにして入手されたのかが明かされる。

今回解禁された2枚の場面写真のうち一枚には、おなじみの白いストームトルーパーの姿が。昨年末に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではファースト・オーダーに属し新デザインに生まれ変わっていたが、もちろんオリジナルに近いデザインだ。

そして気になるのはもう一枚に写っている、全身が黒く、まるでダース・ベイダーのような邪悪さを漂わせているデス・トルーパーの存在。彼らは、ダース・ベイダーの部下でありながらダース・ベイダーを常に出し抜こうとする野心的な悪人オーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)が率いる兵士とのこと。ともに海辺のような場所にいるが、ここはどこなのか?気になるところだ。

また先日、ダース・ベイダーが本作に登場することが正式に発表されファンを歓喜させたが、本作の監督のギャレス・エドワーズも撮影中にダース・ベイダーと初めて対面した際、「情報セキュリティの関係上、本当はいけないことなんだけど自分を抑えられなくて…ケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と喜んだそう。彼の“スター・ウォーズ愛”がどのように発揮されているのか、楽しみに待ちたい。【Movie Walker】

最終更新:7月12日(火)12時51分

Movie Walker