ここから本文です

TOKIO・国分「石田さんに出馬してほしかった」

東スポWeb 7月12日(火)9時45分配信

 TOKIOの国分太一(41)がタレント・石田純一氏(62)の都知事選出馬断念を残念がった。

 国分は12日、MCを務めるTBS系朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」で「石田さんに出馬してほしかった」とコメントした。

 石田氏は11日、野党統一候補になる見込みがないと判断したことや、CMやテレビ番組の調整が間に合わないなどの理由で、出馬を正式に断念した。会見の模様を報じた後、国分は「出馬してほしかった」と残念がった。「正義感を持って出てきたというのを感じたし、素直にいろいろ話していたので、僕は石田さんのことがもっと好きになった」と今回の行動を評価した。

 また、コメンテーターのタレントのテリー伊藤氏(66)は「いろいろな方が政党からレクチャーを受けて出てきているけど、みんな言っていることが一緒で、当たり前のことしか話さない。ちゃんとしたことしか言わないっていうのはガードがうまいんですよ。都政が始まっても都民には見せないですよ。そういう意味ではノーガードの石田さんは楽しみだった」と話した。

最終更新:7月12日(火)10時16分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。