ここから本文です

高畑充希演じるヒロイン、ポスターでお昼寝!?『ひるね姫~知らないワタシの物語~』

cinemacafe.net 7月12日(火)13時15分配信

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治が描く、父と娘の感動アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。この度、本作の公開が2017年3月に決定。併せて、劇場用ティザーポスタービジュアルが解禁された。

【写真】主人公を演じる高畑充希

2020年、オリンピックを3日後に控えた日本。「なんでこんなに眠てえんじゃろう?」岡山に父親と2人で暮らす女子高生の森川ココネは、所かまわず昼寝をしては怒られる。そんな彼女はあるとき、最近いつも同じ夢を見ていることに気づく。窮屈で、でもどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密に繋がっていたのだった――。

緻密に練られたストーリーとリアリティ溢れる本格的SF描写を得意とする神山監督が、「自分の娘に観せたい映画を作りたい」と完全オリジナル書き下ろしで作り上げる新境地のファンタジー作。物語の舞台は、岡山県倉敷市児島。瀬戸大橋のふもとにある穏やかな町にたった2人で暮らす父と娘。夢と現実がリンクするスリリングな物語と、そこですべてが明かされる知られざる家族の絆を描く。主人公ココネの声を担当するのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロインを務めるほか数多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希。劇中では、今年3つめの方言となる“岡山弁”に挑戦している。

今回解禁されたポスターでは、「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」という言葉とともに、犬のぬいぐるみを抱きかかえ、ロボット・ハーツの腕の中で気持ちよさそうに眠る女子高生・森川ココネの姿が。ロボット・ハーツのデザイン原案は、大ヒット映画『ベイマックス』のコヤマシゲトが担当。ココネが知らない両親の秘密――その謎を解く鍵は、彼女が眠る度にみる妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあった…!? 果たしてココネはどんな夢を見てるのか。想像が膨らむビジュアルに仕上がっている。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月、全国にて公開。

最終更新:7月12日(火)13時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。