ここから本文です

三菱航空機 MRJ、欧州系企業から初の受注へ---最大で20機

レスポンス 7月12日(火)9時27分配信

三菱航空機は、スウェーデンの航空機リース会社のロックトンからリージョナルジェット『MRJ90』20機の確定発注に向けて基本合意したと発表した。

[関連写真]

20機にうち、確定が10機、オプションが10機。今回の基本合意をもとに、早期に正式契約を締結する予定。

三菱航空機にとって欧州企業との基本合意は今回が初めてとなる。航空機リース会社との基本合意は今回が2社目となる。ロックトン社への納入は、2020年に開始する予定。

MRJはこれまでに407機を受注しており、今回のロックトンと、2月に締結したエアロリースとの基本合意がともに確定すると、MRJの合計受注機数は447機(確定243機、オプション180機、購入権24機)となる。

リージョナルジェット機市場は今後、20年間で5000機の需要が見込まれており、航空会社の導入に加え、リースでの需要も伸びが期待されている。三菱航空機では、エアロリースに続く2社目となる航空機リース会社との基本合意を弾みに、リース会社向けの売り込みに加え、エアライン向けの販売活動も強化してMRJを拡販していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月12日(火)10時2分

レスポンス