ここから本文です

マンダリン航空労組、待遇改善交渉決裂…9月の連休にスト示唆/台湾

中央社フォーカス台湾 7月12日(火)18時0分配信

(台北 12日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)のグループ会社、マンダリン(華信)航空の労働組合は12日、待遇改善を求める会社側との交渉が決裂したとして、9月15~18日の中秋節連休に事実上のストライキを決行する可能性を示した。

労組側はチャイナエアラインと同等の待遇などを要求。だが、会社側は国内線を主に運航する同社では作業内容が異なるとして難色を示した。

労働部(労働省)は労使双方に対し、引き続き話し合いを続けるよう呼びかけている。

(陳葦庭、余暁涵/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月12日(火)18時0分

中央社フォーカス台湾

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。