ここから本文です

<刑事7人>東山紀之主演の刑事ドラマが1年ぶり復活

まんたんウェブ 7月12日(火)14時8分配信

 東山紀之さん主演の「刑事7人」(テレビ朝日系水曜午後9時)の第2シリーズが13日スタートする。初動捜査に徹底的にこだわり、24時間ほとんど眠らず覆面パトカーで生活している刑事・天樹悠(東山さん)が、北大路欣也さん演じる法医学者・堂本俊太郎ら7人のエキスパートと難事件に挑む本格刑事ドラマだ。

【写真特集】新メンバーに塚本高史 第1話の各シーン

 新シリーズでは、“刑事の墓場”と皮肉られる「警視庁捜査一課12係」から、天樹が「機動捜査隊」へ異動。12係の係長・片桐正敏(吉田鋼太郎さん)は「刑事総務課長」に、熱血刑事・沙村康介(高嶋政宏さん)も12係の係長に出世、最強のホワイトハッカー山下巧(片岡愛之助さん)は謎の部署「未来犯罪予測センター」へ異動。鈴木浩介さん演じる永沢圭太、倉科カナさん演じる水田環の12係の2人も引き続き登場し、元ワルの刑事・青山新として塚本高史さんが新レギュラーで加わる。

 第1話で、遺体発見の警察無線を受けた天樹が現場へ急行すると、頭部と胸部から切り離された首が紙箱に入れられて遺棄されていた。天樹は、箱が2時間以内に置かれ、絞殺された女性のものであることを確信し、すぐさま初動捜査に乗り出すが、街のいたる所で、箱に入った頭部以外の部位が次々と見つかる。片桐は、沙村が率いる「捜査一課12係」を捜査本部に派遣し、かつての仲間、天樹と組んで捜査を開始する……という展開。

 「機動捜査隊」へ異動した天樹がかつての仲間たちと“警視庁最強の別動捜査隊”を結成、よりプロフェッショナルな7人が挑む凶悪犯罪との戦いに注目だ。

最終更新:7月12日(火)14時28分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。