ここから本文です

沢口靖子9年ぶりの主演映画が公開、場面緘黙症の少女と女性教師の交流つづる

映画ナタリー 7月12日(火)8時15分配信

沢口靖子の主演作「校庭に東風(こち)吹いて」が9月3日に京都・イオンシネマ高の原、9月10日に京都・京都みなみ会館で先行公開され、9月17日より東京・ポレポレ東中野ほかにて全国順次ロードショーとなる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

柴垣文子の同名小説を、「アンダンテ ~稲の旋律~」の金田敬が実写化した本作は、子供たちに深い愛情を注ぐ女性教師・三木知世を主人公に置いたヒューマンドラマ。学校や幼稚園といった特定の場所で話ができなくなる場面緘黙(かんもく)症の少女・蔵田ミチル、貧困からさまざまな問題を起こす少年・安川純平と、転勤先の学校で彼らのクラスを受け持つことになる知世との交流をつづる。知世役の沢口が「小津の秋」以来9年ぶりに主演を務め、その脇を村田雄浩、星由里子、遠藤久美子らが固める。2016年春、大阪および京都・南山城村にて撮影が行われた。

沢口は作品について「場面緘黙の症状をもった子どもたちがいるということを私自身も初めて知りました。家では話せるのに幼稚園や学校では話したくても話せない。なんと辛いことでしょう。作品を通して、多くの方々に知っていただく機会になることを願います」とコメントしている。

沢口靖子 コメント
場面緘黙の症状をもった子どもたちがいるということを私自身も初めて知りました。家では話せるのに幼稚園や学校では話したくても話せない。なんと辛いことでしょう。作品を通して、多くの方々に知っていただく機会になることを願います。

柴垣文子 コメント
学校では話せない場面緘黙症の子どもの悲しみ、貧しさにあえぐ子どもの苦しみ。渦巻いている子どもたちの声なき声を聴き、「いつか、きっと」という心の奥の希望を掘り起こしたい。そんな待望の映画の完成が嬉しい。多くの方に見ていただき、未来へのまなざしをともにしたいと願っています。

最終更新:7月12日(火)8時15分

映画ナタリー