ここから本文です

【オーストラリア】VIC州にトンネル2本建設:自動車専用、CBDまで20分短縮

NNA 7月12日(火)8時30分配信

 オーストラリアのビクトリア(VIC)州政府はこのほど、メルボルン郊外ヤラビル(Yarraville)で全長3キロメートルの自動車専用トンネル2本を建設すると発表した。同トンネルは、総工費55億豪ドル(約4,189億円)の有料道路ウエスタン・ディストリビューター建設計画の一部。同有料道路計画で連邦政府からの補助金を期待できないことから、有料道路運営会社トランスアーバンが3分の1を負担する。地元各紙が報じた。
 トンネルが完成すれば、メルボルン西部から中央ビジネス区(CBD)への車での移動時間が20分短縮される見込み。トンネルとは別に、マリバーノン・リバー上に橋を架け、フッツクレー・ロードに高架道路を建設する。また、メルボルン西部のウエストゲート・フリーウエーを8車線から12車線に拡張する。
 ウエスタン・ディストリビューターは、ウエストゲート・フリーウエーとシティーリンクをつなぐ道路を建設するもの。建設費はVIC州政府とトランスアーバンが負担するほか、3分の1は有料道路シティーリンクの収益から今後10~15年にわたり支払うという。
 連邦政府は、VIC州の現労働党政権が類似の道路建設を中止したことを批判し、ウエスタン・ディストリビューター建設を支援しない方針だ。
 
 ■地下鉄工事、住民の一時移転必要
 
 109億豪ドル規模のメルボルン市の地下鉄「メルボルン・メトロ」建設プロジェクトで、騒音や振動の影響を受ける住民の一時移転が必要になることが、当局の調べで分かった。ただし、VIC州政府は移転期間や移転先について決めていない。

最終更新:7月12日(火)8時30分

NNA