ここから本文です

【台湾】ファウンドリー3社、6月は前年同月比で増収

NNA 7月12日(火)8時30分配信

 ファウンドリー(半導体の受託製造)大手3社の6月の連結売上高は、そろって前月を上回った。中でも台湾2位の聯華電子(UMC)の売上高は135億2,700万台湾元(約428億円)に上り、単月ベースの過去最高を更新した。
 世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)の売上高は前年同月比35.8%増の813億9,100万元。携帯端末向けIC設計大手、聯発科技(メディアテック)など主要顧客の旺盛な需要を背景に、単月ベースでは過去3番目の水準となった。1~6月の売上高は前年同期比0.5%減の4,253億500万元だった。
 UMCの6月売上高は前年同月比12.2%増。先端の28ナノメートル製造プロセス製品の好調な売り上げが増収を支えた。1~6月の売上高は前年同期比5.6%減の714億100万元だった。
 TSMC傘下で8インチウエハー対応ファブ(工場)専業の世界先進積体電路(バンガード)の6月売上高は前年同月比8.9%増の21億800万元。1~6月の売上高は前年同期比1.1%増の126億7,800万元で、3社で唯一のプラスとなった。

最終更新:7月12日(火)8時30分

NNA