ここから本文です

ソウル市 次世代信号システムの構築目指す

聯合ニュース 7月12日(火)10時40分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は12日、交通条件に合わせて作動する最先端の信号システムをつくるため「次世代信号運営システム構築事業」の研究を推進すると明らかにした。

 道路や歩道、横断歩道などに設置したセンサーとバス、タクシー、緊急車両から発信される信号情報をビッグデータとして利用し、効率的な交通信号システムの構築を目指す。

 完成すれば、交差点付近での渋滞防止、バスや交差点に進入した緊急車両を優先的に通行させることが可能になる。

 技術的な面だけでなく、市民や専門家らから意見を聴きシステムに反映させる。

 市は、次世代信号システムが構築されれば、交差点などでの信号待ちによる損失を減らしスムーズな車両通行が期待できるとした。

最終更新:7月12日(火)10時53分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。