ここから本文です

岡村孝子、オールタイム・ベスト第2弾『DO MY BEST II』をリリース

CDジャーナル 7月12日(火)17時29分配信

岡村孝子、オールタイム・ベスト第2弾『DO MY BEST II』をリリース

岡村孝子、オールタイム・ベスト第2弾『DO MY BEST II』をリリース

 1982年に“あみん”としてのレコード・デビュー作「待つわ」でミリオンセラーを記録後、1985年よりソロでの活動をスタートした岡村孝子が、2015年にソロ・デビュー30周年を迎えたことを記念してベスト・アルバム『DO MY BEST II』をリリース。初回限定盤(2CD + DVD CCW-10278~9B 4,300円 + 税)と通常盤(2CD YCCW-10280~1 3,500円 + 税)の2形態で9月7日(水)に発売されます。

 同作は、あみんでのデビューから20年目の2009年にリリースされた『DO MY BEST』に続くオールタイム・ベスト第2弾。本人による選曲で、「夢をあきらめないで2011」をはじめ「未知標」「今日も眠れない」「Heaven knows」、ファンからの人気が高い「Believe」「forever」など、デビュー初期の作品から『DO MY BEST』以降に発表された近年の楽曲まで網羅した全28曲を収録。新録音の「暁の空」や、本作のための書き下ろし新曲「Hello」も収められています。

 カヴァー・フォトには、ソロ・デビュー当時の秘蔵写真を採用。30年を振り返るインタビューや貴重な写真を掲載した写真集仕様のブックレットも付属するほか、初回限定盤特典DVDには新曲ミュージック・ビデオ、幻の映像、オフショットなどが収められ、30年の軌跡が詰まったメモリアルに相応しい内容です。

最終更新:7月12日(火)17時29分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。