ここから本文です

アンチェロッティ監督、魅力的なサッカーで「ファンタスティックなシーズンに」

ISM 7月12日(火)12時2分配信

 現地時間11日、バイエルン(ドイツ)のカルロ・アンチェロッティ新監督が就任会見に臨み、魅力的で攻撃的なサッカーを披露すると意気込みを表した。

 アンチェロッティ監督は、前任のペップ・グアルディオラ監督(現マンチェスターC/イングランド)同様に、ドイツ語で就任会見を始め、その後イタリア語や英語で質疑応答を行なった。

 バイエルンを3シーズン率いたグアルディオラ監督は、在任中にブンデスリーガ3度の優勝などを達成したが、チャンピオンズリーグ(以下CL)優勝には手が届かず。契約を延長せず、昨季限りでバイエルンを去った。

 アンチェロッティ監督に期待されているのは、CL制覇。同監督はミラン(イタリア)時代に2度、レアル・マドリー(スペイン)でも1度、CLのトロフィーを獲得している。同監督はCL優勝を望むのはバイエルンだけではないとしつつも、「ファンタスティックなシーズン」にしたいと意気込んだ。

 なお、アンチェロッティ監督とカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、現時点で補強の予定はないとしつつも、今後新選手を獲得する可能性を否定することもなかった。(STATS-AP)

最終更新:7月12日(火)12時2分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。