ここから本文です

「最もホットなWAGを失った」 イタリア代表FWの中国移籍、英紙が嘆く理由は…

ISM 7月12日(火)17時4分配信

 現地時間11日(以下現地時間)、イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(30)の山東魯能(中国)移籍がサウザンプトン(イングランド)から発表された。これを受け、英タブロイド『デイリー・ミラー』は同選手のガールフレンドが英国を去ることになるだろうと、“別れ”を嘆いた。

 ペッレは2014年にフェイエノールト(オランダ)からサウザンプトンへ加入すると、同チームで2シーズンプレーし、81試合出場30得点を記録。イタリア代表として今夏のEURO2016にも出場し、2ゴールを挙げてチームのベスト8進出に貢献した。11日に山東魯能への移籍が発表され、英国を発っている。

 この移籍を受け、ペッレのパートナーであるヴィッキー・ヴァルガさんも中国で新生活を始めることが予想される。ヴァルガさんはハンガリー出身の国際モデルで、ペッレが約4年前にフェイスブックを通じてメッセージを送ったことから、交際が開始。今夏フランスで行なわれたEURO2016の観戦にも訪れ、イタリアのユニフォームを着用して観客席から声援を送っていた。英国では美しい「WAGS(wives and girlfriends)」の1人として知られ、写真・動画共有アプリ「インスタグラム」では約13万4000人のフォロワーを集めている。

 ヴァルガさんが中国へ向かうであろうことについて、『デイリー・ミラー』は「最もホットなWAG ヴィッキー・ヴァルガに別れ」と見出しを打ち、「我々サッカーファンにとって残念なことに、彼(ペッレ)は美しいガールフレンドを連れて行ってしまうだろう」とスターモデルの“流出”を嘆き、水着姿を中心としたヴァルガさんの写真23枚を掲載している。

最終更新:7月12日(火)17時5分

ISM