ここから本文です

【インド】セメントのラファージュ、地場に子会社売却

NNA 7月12日(火)8時30分配信

 セメント世界最大手ラファージュホルシムは11日、インドの現地子会社ラファージュ・インディアの株式をインドの複合企業(コングロマリット)ニルマに売却すると発表した。調達資金は負債の返済に充てる。売却額は約14億米ドル(約1,426億円)。PTI通信が11日伝えた。
 ラファージュ・インディアは国内でセメント工場を3カ所、粉砕施設を2カ所に持つ。これら施設の年産能力は計1,100万トン。ラファージュホルシムは売却後も、別の国内子会社ACCとアンブジャ・セメンツを通じてインド事業を継続する。これら2社の年産能力は計6,000万トン超となっている。
 ラファージュホルシムのエリック・オルセン最高経営責任者(CEO)は「世界全体で資産の売却を進めており、現時点で3分の2を完了した。年内には売却計画の目標に到達する見通し」と述べた。同社は2016年に35億スイスフラン(約3,626億円)規模の事業売却を計画しており、既に韓国やサウジアラビアの事業を手放している。

最終更新:7月12日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。