ここから本文です

インフィニティ米国販売10.7%増、SUVは7割増…6月

レスポンス 7月12日(火)10時45分配信

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは7月上旬、6月の米国新車販売の結果を公表した。総販売台数は1万1058台。前年同月比は10.7%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

画像:インフィニティの米国主力車

セダン系では、主力の『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)が2349台にとどまり、前年同月比は32.3%減と、2か月連続で減少。『Q70』(日本名:日産『フーガ』)は、前年同月比14.8%減の522台と、減少が続く。モデル末期の『Q60』(日本名:日産『スカイラインクーペ』)も、78.4%減の79台にとどまる。

SUVでは、『QX60』が4380台を売り上げ、前年同月比は45.9%増と、4か月連続で増加。『QX50』(日本名:日産『スカイラインクロスオーバー』)は、改良新型モデル投入の効果で、前年実績のおよそ4倍の1689台と大幅増を保つ。

また、最上級クロスオーバー車の『QX70』は、前年同月比31.7%増の490台と、2か月連続のプラス。最上級SUVの『QX80』は、55.1%増の1545台と、3か月連続で増加する。SUV全体では、69.3%増の8104台を売り上げた。

インフィニティの2016年上半期(1‐6月)米国新車販売は、前年同期比1.1%増の6万4978台。その内訳は、乗用車が30.7%減の2万4144 台、ライトトラック(SUV)が38.8%増の4万0834台。SUVが牽引役を果たしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月12日(火)10時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]