ここから本文です

【函館記念】レッドレイヴン重賞初Vへ“開眼” 池添の強気騎乗で目覚めた

デイリースポーツ 7月12日(火)6時59分配信

 「函館記念・G3」(17日、函館)

 機は熟した。6歳馬レッドレイヴンが重賞初Vを狙う。デビュー時から素質の高さを期待されつつも、気難しさから思うような成績を上げられなかったが、年齢を重ねたことで着実に改善。藤沢和師は「おとなしくなり、穏やかになった」とうなずく。

 結果として表れたのが前走の巴賞だ。4角手前からスパートをかけ、他馬を力で完封。危なげのないレースぶりに、初コンビを組んだ池添は「難しい馬と聞いていたが、ロスのない競馬ができた。少し仕掛けが早いかなと思いつつも、勝たなければならないレース。力のある馬だし、自信を持って乗った」と振り返る。気性面の成長と鞍上の強気な騎乗により、ついに眠れる獅子が目を覚ました。

 前走の勝利は池添にとって、とりわけ感慨深いものでもあったという。「名門厩舎だからね。声を掛けてもらえたのはうれしい」。藤沢和師と4年半ぶりにコンビを結成し、自分の仕事をきっちりとやり遂げた。その達成感がたまらない。そんな池添に、トレーナーも「うまく乗ってくれた」と全幅の信頼を寄せている。

 巴賞は14年5着、15年2着、そして今年は1着と右肩上がりの成績。「前走がいい勝ち方だったし、今年は楽しみ」と師は力を込める。さあ、いざ本番。5着に終わった昨年以上の走りで、勲章をガッシリとつかみ取るのみだ。

最終更新:7月12日(火)7時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]