ここから本文です

「攻殻機動隊」神山健治新作、2017年3月に公開決定!『ベイマックス』デザイナー参加

シネマトゥデイ 7月12日(火)13時6分配信

 テレビアニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズや「東のエデン」などの神山健治監督の新作アニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が、2017年3月に公開されることが決定した。

【映像】高畑充希が岡山弁披露!『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』特報

 本作は、緻密に練られたストーリーとリアリティーのある本格的SF描写を得意とする神山監督が、「自分の娘に観せたい映画を作りたい」と完全オリジナルの書き下ろし脚本で挑むファンタジー作品。2020年の東京オリンピックを3日後に控えた夏の日、岡山に父親と二人で暮らす女子高生の森川ココネは、最近同じ夢を見ていることに気付く。その夢は夢にしては妙にリアルで窮屈で、でもどこか温かい不思議なもの。ただの夢のはずだったその夢は、ココネに今まで知らなかった家族の秘密を知るきっかけを与えることになる。

 今回新たに公開されたビジュアルでは、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のそばでココネがお昼寝している姿が公開。彼女を優しく抱えているロボット「ハーツ」のデザイン原案は、日本でも大ヒットしたディズニーアニメーション『ベイマックス』にも参加したデザイナー・コヤマシゲトが手掛けている。

 ココネの声優を務めるのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などに出演している女優の高畑充希。音楽はゲーム「キングダムハーツ」などの下村陽子が担当。作画監督は神山作品の「東のエデン」などにも参加した佐々木敦子に決まっている。(編集部・井本早紀)

映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は2017年3月に全国公開

最終更新:7月12日(火)13時6分

シネマトゥデイ