ここから本文です

原作者が秘密を明かす!『ハリポタ』新シリーズの最新映像が到着

Movie Walker 7月12日(火)11時54分配信

シリーズ累計で世界興行収入が約7800億円という大ヒットを記録し、今なお多くの人たちに愛されている『ハリー・ポッター』シリーズ。その新章『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の新たな映像が到着した!

【写真を見る】物語の始まりの秘密を作者が明かす!最新映像が解禁

新たな物語は、世界中を旅する魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる予期せぬ冒険を描く。ニュートは未知の幻獣を求めて、ニューヨークにたどり着く。ところが誤って開けられてしまった、どんなものでも入ってしまうという魔法のトランクに詰め込んでいた危険な魔法動物たちが逃げ出してしまい、事態は思わぬ方向に転がっていくのだった。

映画『ハリポタ』シリーズ全作品の製作を務めたデイビッド・ヘイマンや、シリーズ後半4作品を手掛けたデイビッド・イェーツ監督が今作も続投。シリーズ原作者であるJ.K.ローリングが原作と初の脚本を務め、主人公ニュート・スキャマンダーを演じるのはエディ・レッドメインという、まさに新シリーズに相応しい面々が揃った。

今回到着した最新映像には、未だ謎の多いストーリーについて原作者のJ.K.ローリングが一部未公開のシーンを含む映像にあわせて解説をするという内容になっている。さらに約2分10秒の映像の中には、エディのコメントと共に、今回初登場の植物のような形をした謎の魔法動物「ボウトラックル」に話しかけるニュートの姿や、数々の魔法が放たれるアクションシーンなど盛りだくさんで非常に見応えのある映像に!

また7月31日(日)には、ハリー・ポッターの誕生日を祝うスペシャルイベントも企画中。まだ詳細は明らかとなっていないが、ファンには熱い7月となりそうだ。【Movie Walker】

最終更新:7月12日(火)11時54分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。