ここから本文です

池端レイナ、台湾ドラマの会見で爆笑誘う プロデューサーへの感謝も明かす

映画.com 7月12日(火)21時10分配信

 [映画.com ニュース] モデルで女優の池端レイナが7月11日(現地時間)、台湾で12日から放送される連続ドラマ「美好年代(邦題:素晴らしい時代)」の会見を台北で行い、プロデューサーのワンペイフア氏、主要キャストのブルース、リュウ・イーア、ヤン・ミンウェイ、アン・ジュンパンらとともに撮影が充実している様子をうかがわせた。

【フォトギャラリー】台湾での会見に出席した池端レイナ、その他の写真はこちら

 ドラマは、高校の同窓会が行われている現在のパートから始まる。36歳になったシャオグアンは、テレサ・テンが死去した1995年5月9日に思いをはせる。その当時、学園のほとんどの男子生徒の熱視線はジャン・アンニンに注がれていた。瑞々しい青春を謳歌した主人公のアーユエン、アンニン、シャオグアンらが歩んできた人生に焦点を当てる。

 学園のマドンナに扮する池端はこの日、共演の俳優陣から思い思いに気持ちを伝えられ、最も理想的な主人公を選ぶことになった。「2人とも旬の若手俳優で、どちらを選んでも2人のファンに申し訳ない」と困惑しきりの池端だったが、劇中で父親を演じた俳優を選んだことで場内の爆笑を誘っていた。

 また、起用を決断したプロデューサーのワンペイファ氏に対しては感謝の念をにじませる。「撮影現場では、セリフや表情など常に話し合いながらジャン・アンニン役を演じさせて頂いています。そしてすべてのスタッフ、共演の仲間たちに感謝しています。皆さんは日本から来た私に、優しく家族のように接してくれることに温かく感じています」と笑みを浮かべていた。

 「美好年代」は7月から毎週月~金曜の午後8時、中国電視と中天電視の共同で放送される。全50数話。

最終更新:7月12日(火)21時10分

映画.com