ここから本文です

人工衛星の愛称を募集---静岡大学が今夏以降に打ち上げ

レスポンス 7月12日(火)11時45分配信

静岡大学は、静岡県で初となる超小型衛星STARS-Cを報道各社に公開するとともに、超小型衛星の愛称を公募すると発表した。

[関連写真]

衛星は静岡大学が宇宙航空研究開発機構(JAXA)に提案し、2014年9月に国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟からの放出衛星に選定されたもの。

静岡大学工学部機械工学科の山極芳樹教授、能見公博教授の研究室が中心となってプロジェクトを進めている。今後、JAXAへ引渡しを経て2016年夏以降、打ち上げられる予定。

衛星は1辺10cmの正方形の2つの衛星をテザーと呼ばれるケーブルで接続したもの。この衛星は将来の宇宙エレベーターなどに重要なテザー展開技術を宇宙で実証し、データを得ることが目的。

愛称の公募は、応募作品の中から静岡大学が選考し、ロケット打ち上げ決定時期に公表する予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月12日(火)11時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]