ここから本文です

水崎綾女、36歳一般男性と結婚!出会いは麻雀 『進撃の巨人』「ゴーバスターズ」出演

シネマトゥデイ 7月12日(火)15時41分配信

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』などで知られる女優の水崎綾女(27)が11日、省エネ関連の商品販売などに携わる36歳の一般男性と結婚したことが明らかになった。所属事務所が12日に発表した。すでに同居をスタートさせており、式・披露宴は未定。妊娠はしていない。

【写真】水崎綾女、鍛え上げた美脚!

 二人の出会いは2015年5月。水崎は麻雀映画(『真・兎 野性の闘牌』)でヒロイン役を務めて以来、麻雀を趣味としており、友人夫婦に誘われた席で現在の夫と卓を囲んだ。水崎いわく「麻雀は人の性格が出る」ということで、常に穏やかな彼の姿にひかれたという。

 その後、幾度か麻雀や食事をともにした二人は、同じ兵庫県出身ということもあり意気投合。2015年の夏に結婚を前提とした交際をスタートさせ、昨日、都内区役所に二人で婚姻届けを提出した。

 兵庫県神戸市出身の水崎は、2004年の「第29回ホリプロタレントスカウトキャラバン」特別賞受賞をきっかけに芸能界デビュー。アクションのできる女優としても評判があり、特撮ドラマ「特命戦隊ゴーバスターズ」では敵幹部のエスケイプを、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』では女性戦士・ヒアナを好演した。今後はドラマ「進め!青函連絡船」(NHK BSプレミアム・9月21日放送)や映画『彼岸島 デラックス』(10月15日公開)などが控えている。

 5歳のころに神戸で阪神淡路大震災を経験。避難所で1年、仮設住宅で4年と、決して裕福とはいえない幼少期を過ごしたといい、27歳で結婚を決断した理由について「例えお金がなくても、彼とならどんな事も乗り越えていける、生涯のパートナーとしていっしょにいたい」と語っている。(編集部・入倉功一)

最終更新:7月12日(火)15時41分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。