ここから本文です

ゆず、永六輔作詞曲を配信リリース「これからも色褪せません」

音楽ナタリー 7月12日(火)12時0分配信

ゆずが7月25日に配信シングル「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」をリリースする。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この曲は坂本九の楽曲「見上げてごらん夜の星を」に、ゆずがメロディと歌詞を加筆した作品で、日本生命のCMソングとしてオンエア中。配信ジャケットは、ゆずの2人が正装で参加したレコーディング時のカットと坂本九、さらに作詞の永六輔、作曲のいずみたくの写真を並べたビジュアルとなっている。

なお、ゆずは7月7日に永六輔が逝去したことを受け、「永六輔さんが遺した多くの文化的作品は、これからも色褪せません」「永六輔さんが遺していただいた数々の名曲のように、ぼくたちも活動を通して“ささやかな幸せ”をうたい続けます」とのコメントを発表している。

ゆず コメント
このほど、アジアツアー先の香港で永六輔さんの訃報を聞きました。偶然にも今年、僕たちは永六輔さんが作詞を手がけた名曲「見上げてごらん夜の星を」を新たにレコーディングしました。配信リリースやライブなど、いろいろな形で皆さんに楽曲を届けていくつもりです。永六輔さんが遺した多くの文化的作品は、これからも色褪せません。そのひとつの作品「見上げてごらん夜の星を」に、ゆずとして息吹を吹き込み、これからの未来に向けて、歌い継いでゆくと決意しました。永六輔さんが遺していただいた数々の名曲のように、ぼくたちも活動を通して“ささやかな幸せ”をうたい続けます。この度は謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

最終更新:7月12日(火)12時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。