ここから本文です

只見の3戸をNPOへ 県の仮設住宅譲渡第1号

福島民報 7月12日(火)10時3分配信

 福島県は11日、只見町只見字新町の仮設住宅(1棟3戸)を会津若松市の特定NPO法人福島インターネットテレビジョン(鷲山英喜理事長)に無償譲渡したと発表した。仮設住宅の無償譲渡は今回が初めて。
 県は今年度、市町村や自治会、NPO法人など公共事業に使用する団体を対象に、仮設住宅を譲渡する事業を開始した。第1弾として5月から6月にかけて計3カ所の譲渡申請を募っていた。
 同時に募集した新地町杉目の57戸と集会所1カ所、只見町黒谷の3戸は活用申請がなかったため近く撤去する。県は第2弾、第3弾の公募も予定している。

福島民報社

最終更新:7月12日(火)10時17分

福島民報