ここから本文です

<井上真央>愛犬相手に猫の鳴き声特訓

まんたんウェブ 7月12日(火)19時45分配信

 女優の井上真央さんが12日、東京都内で行われた3DCG劇場版アニメ「ルドルフとイッパイアッテナ」(湯山邦彦・榊原幹典監督、8月6日公開)の完成披露試写会に登場。ノラ猫のルドルフの声を担当した井上さんは、「猫の鳴き声は得意なんで、これだけは完璧にしようと思った」といい、愛犬を相手に練習したことを明かすと「ウチのワンちゃんに隠れて、陰から鳴き声を出して、反応したら、猫っぽいのかなって。結構、反応してましたね」と笑顔で語っていた。

【写真特集】井上真央の笑顔に癒やされる

 ルドルフが黒猫ということで黒のワンピースドレスで登場した井上さん。ルドルフが「シシャモをくわえて走るシーンが苦労した」といい、「シシャモをくわえて走ったことがないので、息遣いとか、パワーがいりましたね」と振り返り、笑いを誘っていた。

 「ルドルフとイッパイアッテナ」は、斉藤洋さん原作の児童文学の名作。ひょんなことから飼い主の元を離れ、思いがけず東京にやって来てしまった黒猫・ルドルフが、街を牛耳るボス猫・イッパイアッテナと出会い、ノラ猫として共に生き、成長する姿を描いた友情と冒険の物語。

 この日は、イッパイアッテナ役の鈴木亮平さん、ブッチー役の八嶋智人さん、デビル役の古田新太さんも登場した。

最終更新:7月12日(火)23時58分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。